お客様と行政機関とをつなぎます。和歌山・大阪での法律手続・許認可等申請、相続・成年後見等のことなら神山和幸行政書士事務所へ!





経営事項審査

経営事項審査の改正(平成30年4月~)について

 
平成30年4月1日より経営事項審査改正の審査項目及び基準等が改正されます。
主な改正点は以下の通りです。
 
【改正内容】
①W評点(その他社会性等評点)のボトムの撤廃(社会保険未加入企業等への減点措置の厳格化)
W評点の計算値がマイナスの場合、0点としていましたが、マイナス点をそのまま評点とします。
この結果、W評点の最低点は、「0点」→「−1,995点」へと変わります。
②防災活動への貢献状況の加点幅の拡大
建設業者の「地域の守り手」としての役割の評価を拡大します。
この結果、防災協定の締結の評点が「15点」→「20点」へと変わります。
③建設機械の保有状況の加点方法の見直し
少ない保有台数でも評点が高くなるように評点テーブルを変更
 
※ 今回の改正で評点は以下のように変更されます。
W評点の最高点  「1,919点」→「1,966点」  
最低点 「0点」→「-1,995点」
P評点の最高点  「2,136点」→「2,143点」  
最低点 「281点」→「-18点」
 
なお、X1評点、Z評点、Y評点、X2評点は変更がありません。
 
詳細はこちら


当事務所ホームページの記事は上記改正前のものです。随時更新してまいりますが、取り急ぎここでお知らせいたします。


公共工事に入札したい等のご希望のあるお客様は、まず経営事項審査を受審しなければなりません。
経営事項審査はあらゆる角度からお客様の経営状況を採点する審査です。
高得点を取らなければ入札できる工事に制限が生まれます。
できる限りお客様が高得点を取ることのできるようにするためには、それを意識した経営が望まれ、準備期間も必要です。
当事務所がお客様の経営状況を精査し、適切なアドバイスを行います。


◎経営事項審査・入札資格審査目次

経営事項審査(概要)  経営規模  技術力
労働福祉の状況  その他の審査項目  経営状況分析(概要)
 経営状況分析各評価指標  建設業関連の法令・ニュース  入札参加資格審査(概要)


〇対応エリア
和歌山県/和歌山市・海南市・岩出市・有田市・有田川町・紀の川市・紀美野町
大阪府/泉南郡・阪南市・泉南市・泉佐野市・岸和田市