「神山和幸行政書士事務所」ホームぺージ 、入札参加資格資格申請に関する記事

公共工事を受注するための入札参加資格審査について

公共工事事業への参加を希望する場合は、建設業許可申請経営事項審査申請(経審)を受けた上で、工事の受注を希望する各官公庁への「競争入札参加資格審査」を受けている必要があります。
よくある勘違いとして、「県で経営事項審査を受審すれば、自動的に入札参加可能ランクに反映される」と思われがちですが、経審の受審だけでは県の入札には当然参加できません。
入札参加するには、この入札参加資格審査を申請し、入札参加可能ランクを決定してもらう必要があります(経営事項審査受審結果である「総合評定値」は入札参加資格を審査する条件の一つにすぎません)。


1.公共工事を受注するために必要な手続

公共工事の入札に参加するためには、あらかじめ各官公庁の有資格者名簿に登録される必要があります。
有資格者名簿に登録されるためには審査を受けなければなりません。
この審査のための申請が「競争入札参加資格申請」(以下、指名参加申請)です。


2.競争入札指名参加申請の特徴

建設業許可申請や経営事項審査申請は、大臣許可なら管轄の地方整備局、知事許可であれば管轄の都道府県庁に申請すればいいのですが、指名参加申請に関しては「契約を希望する各官公庁」毎に申請する必要があります。
 また、官公庁の中には更に「部局」毎に申請しなければならない場合もあります。
 ただ、現在では「電子入札」の導入に連動して、指名参加申請も多くの官公庁で「電子申請」が実施されており、一元化(関連する公共団体や部局への一括申請)が行われてきています。
 なお、建設業許可申請や経営事項審査申請(経審)のように、官公庁へ納入する手数料はかかりません。


3.有効期間と申請受付期間

 有資格者名簿に登録される期間は和歌山県では「2年間」となっております。
従いまして、期間を空けずに認定を受け続けるためには、2年に1度、入札参加資格審査の申請を行う必要があります。
 また、定期受付のない年度には追加受付を行いますが、認定期間の終期は定期の認定期間の終期と同日になります。
 定期受付・追加受付以外での受付は実施していません。
 政府調達協定に基づき一般競争入札で発注する工事については、案件ごとに入札参加資格を審査します。このため、当該工事の入札参加資格の要件が公告された後、個別に資格審査申請を行って下さい。
 なお、和歌山県では、1月に定期受付を行い、翌年度の6月から2年間が認定期間となっております。


4.格付(ランク)とは?

官公庁発注の工事は、公共性の高いものとして良質な施工を確保することが重要となっています。
その為、土木一式工事、建築一式工事、電気工事、管工事につきましては、それぞれに格付(ランク)を設定し、各発注工事はその施工に適した格付の建設業者に受注させることとなります。
 つまり、自社の有する力以上の工事は受注できないということです。 格付は各種目毎のテーブルが設けられています。
 中央省庁においては、許可業種における経営事項審査の総合評定値P点によって格付が決定するのが一般的です。
  一方、和歌山県などの地方公共団体においては、総合評定値P点に加えて、独自の評価点数(地方基準点数)によってによって総合点数を求め、評価されるのが一般的です。


5.入札参加申請の要件

和歌山県の入札参加申請要件は次の通りです。

①建設業許可を有していること
②経営事項審査を受信していること
地方自治法施行令第167条の4に規定する欠格要件に該当しないこと
④県税、消費税、および地方消費税の未納がないこと
⑤役員及び主要な株主等(5%以上保有)に、暴力団等の関係がないこと
⑥建設業許可の申請者、令第3条に規定する使用人および法定代理人が⑤に当てはまらないこと
⑦250万円を超える施工実績があること


6.和歌山県独自の評価点数

和歌山県独自の評価点数は以下の通りとなっております。

①コンプライアンス(地域社会の要請への適応)の観点からの業者評価
 法令遵守、災害復旧への貢献、環境への配慮、労務関係などの項目について評価します。
②品質確保のための業者評価
 工事実績、技術者数、優秀施工者顕彰などの項目について評価します。

7. 平成28・29年度の入札参加資格審査からの改正点

①社会保険未加入の欠格事由・取消事由化
  これまでは社会保険等に加入義務があるにもかかわらず、未加入の場合、無期限のランクダウン措置が実施されていました。しかし、改正により、入札参加資格が認定されない(適用除外を除く)こととなりました。
 また、有資格者が未加入となった場合、取消事由に該当する(適用除外を除く)こととなりました。
②一部専門工事における入札参加資格要件の緩和
 一部専門工事における入札参加資格を有する業者数が減少し、競争性の確保ができなくなる恐れがあることから、以下の業種において、上記5の⑦の要件である「250万円を超える施工実績があること」が緩和され、「平均完成工事高がある」となりました。
 大工/左官/石/屋根/タイル・れんが・ブロック/鉄筋/しゅんせつ/板金/ガラス/内装仕上/熱絶縁/さく井/清掃施設工事
③審査項目等の改正
和歌山県独自の審査項目の追加、および付与点数が変更されました。
※下記の表をご参照ください。
和歌山県独自の入札参加資格審査項目
④資本関係等のある複数の者の同一入札への参加制限
資本関係・人的関係のある複数の業者が同一入札が制限されます。事前の入札参加資格審査時に、資本・人的関係のある関連会社の届出を行ったうえで、入札公告で「入札に参加しようとする者の間に資本関係または人的関係がないこと」を条件明記することになります。もし、同一入札への応札があった場合には、いずれもの業者も失格となります。
A.資本関係とは?
 以下のいずれかに該当する二者の場合には、同一入札に参加することができない。
 ①親会社と子会社の関係にある場合。
 ②親会社を同じくする子会社同士の関係にある場合
※ただし、子会社または子会社の一方が更生会社または再生手続きが存続中の会社である場合は除く。
B.人的関係とは?
 以下のいずれかに該当する二者の場合には、同一入札に参加することができない。
 ①一方の会社の役員が、他方の会社の役員を現に兼ねている場合。
 ②一方の会社の役員が、他方の会社の管財人を現に兼ねている場合。
※ただし、子会社または子会社の一方が更生会社または再生手続きが存続中の会社である場合は除く。
 
以上、詳細がお知りになりたい場合は、当事務所へご相談ください。

また、建設工事にかかる入札参加資格審査以外の物品・役務の提供等の入札参加資格審査についても、当事務所へお問い合わせください。

(参考文献・表 和歌山県ホームページより)