和歌山県での特殊車両通行許可申請の手続代行 神山和幸行政書士事務所

特殊車両通行許可申請詳細

必要書類の詳細

必要書類については、こちらもご参照ください。

・車検証・・・車検切れの場合は車検を通してからお願い致します。
・4面図・諸元表等・・・牽引車(トラクタ等)と被牽引車(トレーラー等)の場合は、連結検討書を頂戴します。
・積載物の内容の分かるもの・・・積載の結果、はみ出すことが明らかな場合は車両制限令等他法令での許可が必要な場合があります(後述)。
 

制限法令

①車両制限令(道路法)・・・こちらをご覧ください。

ア.無許可で運行した場合の罰則・・・初めて違反した場合は警告で済みますが、是正指導に従わない場合は、是正指導の上、地方整備局HP等にて公表されます。公表後も改善されない場合は許可の取消し・警察署へ告発される場合もあります。
 
②道路交通法・・一定の割合で車両をはみ出す場合には、出発地警察署長の許可を得なければ通行することはできません。なお、申請者は車両の運転者です。
 
ア.許可が必要な場合の基準
長さ:自動車の長さの1.1倍
幅:その自動車の幅(積載物が車幅からはみ出していれば許可が必要ということ)
高さ:貨物積載時に3.8mを超える場合(高さ指定道路は4.1m)
 また、許可できる範囲は下記の通り決められています。
 
イ.許可を受けることができる限度
長さ:自動車の長さの1.5倍まで
幅:自動車の幅+1mまで(全体の幅が3.5mを超えないこと)
高さ:4.3mまで
 
ウ.許可できる積載の方法
長さ:前後とも自動車の長さの1.3倍
幅:左右とも0.5m以内
 
エ.無許可で運行した場合の罰則
 事業者ではなく、車両の運転者が罰則を受けなければなりません。

特殊車両通行認定(承認)申請)について

特殊車両通行認定(承認)申請について

特殊車両の通行については、各市町村が道路管理者である場合、国土交通省「特殊車両システム」では申請できませんので、各市町村に別途申請することがあります。この申請を「特殊車両通行認定(承認)申請」といいます。
 この申請はオンラインである場合とない場合があり、原則として市町村独自の書類が必要である場合があります。例えば、神戸市が管理者である「港湾道路」では、経路図、車検証の写し、諸元を示す資料等が必要です。
 詳しくは当事務所にお問い合わせください。